オフィス書店

        

会社の成果に直結する研修をお届けする

まずは、オフィスに書店を作ることから始めましょう。

お申し込みはこちら

大手企業が続々導入中!


WHAT'S
KENSYU NO MADOGUCHI

社員が情報に触れるきっかけづくりから
課題解決の手段としての研修までを
1ストップで提供します。

BOOK

01

オフィスにできる
小さな書店

毎月、社員の皆様にとって有益なビジネスに役立つ本を15種類厳選してご用意します。
本は、月に1度全てが入れ替わります。
オフィス内での本の立ち(座り)読み自由。

shelf

届く本の例

books

TRAINING

02

本の著者による
研修・講演をお届け

本棚にある本の著者、著者の所属会社がお届けする研修・講演を
お届けすることで、一方的な情報提供では難しかった
課題解決や学習の定着を支援します。

shelf

厳選された本を毎月お届けし、
さらに著者の研修・講演など
本のみに留まらない情報提供によって
企業のPDCAサイクルの高速化をお手伝いします。

MERIT

研修の窓口を導入する3つのメリット

VOICE

『オフィス書店』導入企業様の声

ヤフー株式会社

オフィスに新しい本が常にあることで、社員が未知の価値観に触れ別視点から物事を捉え直すきっかけに。

2019年導入

今まではLODGEで推奨したい本を購入していましたが、在庫が増え続けて処分に困るという課題から「オフィス書店」のサービスを導入しました。電子書籍やインターネットの情報は能動的にアクセスする必要がありますが、リアルな本は自然に視界に入り、ユーザーが受動的でも気づきます。オフィスに新しい本が常にあることで、普段は手を出さなかった社員が本を手に取り、未知の価値観に触れ別視点から物事を捉え直すことで、新しいアイデアを発想してくれたらと期待しています。

yahoo

Treasure Data株式会社

少ないスペースを有効利用できる、“買わなかった本が翌月に交換されていく”システムは大変重要。

2019年導入

我々のビジネスにとって有用な書籍を毎月オフィス内で紹介してもらえるサービスをちょうど探していて導入しました。一覧性、必要なときにすぐに手に取れるところに非常に価値を感じています。実際に読んでみて買う必要がないとわかれば買わなくてすみますし、必要であれば買えるというシステムも気に入ってます。参考図書は置いておきたいですがスペースが限られているので、買わなかった本が翌月に交換されていく「オフィス書店」のシステムは大変重要です。

arm

簡単に導入できます!

flow1

当サイトから
お申し込み。

next
flow2

導入開始日を
調節。

next
flow3

契約書を
メールでお送り。

next
flow4

本棚と本が届き
ご利用開始。

※展示用ラックごとの導入を希望の場合はラック代を頂いております。

※毎月の本のお届けは無料ですが、研修サービスに長期間申し込み頂けない場合、サービスの利用を打ち切らせていただくことがあります。

FAQ

『研修の窓口』に関するよくある質問

資料をダウンロードいただくと、
より詳細なご案内をご覧になれます。

CONTACT

お問い合わせ・お申し込み・資料ダウンロード

TOPへ戻る

資料ダウンロード